断わりづらい、ママ友からの借金依頼。対処法は?

ママ友が出来て仲良くなった場合、ごく稀ではありますが、借金を申し込まれる場合があります。このような場合はどのような対処法があるのでしょうか。

基本的には貸さないのが一番ですが、貸す場合は日頃のお金に対する考え方や他のママ友付き合いをみて貸すか貸さないかを考えましょう。日頃からお世話になっており、真摯な態度で申し込まれたのであれば、しっかり借用書を書類として残しておいた状態であり、返済もしっかり行うと信頼できるのであれば貸しても大丈夫でしょう。

ですが、日頃からおごってもらうのが当たり前、少しの金額をいつも貸してと言ってくるわりにおごってくれることはない、また貸したお金を返す気配が無いような人に関しては絶対に貸してはいけません。
そしてこの場合ですが、周囲にいるママ友にもこのことを伝えておきましょう。他の人にも借金の申し込みを行っていることも多く、それに困っているママ友もいるかもしれません。そのようなママ友がいるのであれば、その情報を拡散しておくことで見方も多くできますし、助けてあげることもできます。

今後の子ども付き合いに関しては、ママ友の子どもと自分の子どもがさほど交流がないのであれば問題ありませんが、そうでない場合は家に行くのを避けるなど、幼稚園・保育園以外の場での交流は制限すると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ