髪へのおしゃれがまさか薄毛の原因?!

20代の私は美容院に行くと、パーマやカラー、縮毛矯正を結構頻繁に続けていました。
ある日出がけに鏡を見ていると、頭頂部から後頭部にかけてなんあか髪の毛が薄くなっているのに気づきました。髪をかき分けると地肌が目立ってしまうくらいで、そう気づいしまうと常に人の目が気になり、人が見る目が私の薄毛のことを見ているんじゃないかと不安で仕方ありませんでした。
急いで育毛剤を試してみましたがあまり効果がなく、育毛サロンにも行ってみましたが続けるにはかなり高価だったため、今後どうしたらよいか真剣に悩み、色々調べてみました。

すると私と同じく10代20代も薄毛で悩まれる女性は年々増えているようで、若年性脱毛症と呼ばれている症状だということがわかりました。
原因は過度なダイエットで栄養がかたよったりホルモンバランスを崩したりすることや、私のようにパーマやカラー、縮毛矯正などにより髪や頭皮へ過剰なダメージを与えてしまうことにあります。また昨今のシャンプーは洗浄力が強すぎるため、毎日つかうことにより日々髪や頭皮を痛めます。
いずれの理由も年齢を重ねてからでなくとも現れる症状なので若年性脱毛症と呼ばれるということです。

しかし、老化が原因で起こる薄毛とは違うのでちゃんとケアすれば薄毛は改善できます。私もさっそくできることから始め、今ではだいぶ気にならないくらいになりました。その方法は原因となっているダイエットは内容を見直し、パーマやカラーなど髪を傷めることは控えて、薄毛に効果的な成分のサプリメントを服用することで、徐々にもとのような髪に回復することができました。サプリは身体の内側から作用するため、飲み始めてしばらくするとその効果を実感できました。若くしで薄毛に悩むのは悲しいですが、しっかりと原因を見極め、早めの対処をすれば大丈夫。今は人の目を気にしないで良くなるまでに髪の量も回復しています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ